クリアブルー排卵検査器の使い方は複雑?

高性能なクリアブルー検査器の使い方はシンプルなようです

排卵を知る手立ての中でも、ずば抜けた機能を誇るクリアブルー排卵検査器(コンピューター内蔵)。なんと、6日も前から、排卵があることを予測してくれるそうです。確かにこれはすごいですね。

排卵検査薬だと、陽性を示すのはどれだけ早くても排卵の2~3日前が限界ですから。
クリアブルー排卵検査器を実際に調べてみると、その正体は、病院に置いているような本格的な機械のようなのです。

なので、その見た目からして個人的にはまず、使い方が複雑そうだな、という印象を受けました。ただ、実際のところ、使い方は全然難しくなく、基本的にデジタル式の排卵検査薬(クリアブルーイージーデジタルなど)とそう変わらないみたいです。

詳しく言うと、尿をかける部品であるテストスティックと、尿に含まれている黄体形成ホルモンの有無や量を感知して陰性か陽性かを表示する検査器が、別々になっているだけなんですね。検査器がカートリッジのように別物となっていて、検査器に取り付けて測定するみたいです。

つまり、実際には、使用者はテストスティックに尿をかけて、検査機にセッティングするだけで良いんですね。これなら全然構える必要なんて無いと思います。なので、私も将来、真剣に妊娠を希望するようになり、排卵検査薬では上手くいかなかった場合、このクリアブルー排卵検査器の使用も考慮に入れることにします。